FINLEY2.0爆裂日記

アイリッシュ・ウルフハウンドの皮を被った爆裂火星犬FINLEY(フィンリー)の日記でしゅよ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ワンコは玩具じゃないでしゅよ~(怒)。

今朝起きたときには、まだ雲の切れ目から青空が見えてたんでしゅけど、お散歩に出かける頃にはすっかり曇っちゃったでしゅ~。

お天気はスッキリしないけど、ボクは気分爽快でしゅよ~♪
颯爽と渚を行くダンベル犬

お顔に気合が漲ってましゅねぇ(爆)。
突撃~!

おっと、気合が入り過ぎて白目剥いちゃってましゅ~(汗爆)。
物凄い形相です(苦爆)

ダンベル遊びは楽しいでしゅ~♪
楽しそうだね♪

昨日は、ビーグルと一緒になって道の真ん中で回転してる訳の分かんない子供がいたでしゅけど(苦爆)、今朝うちへ戻る途中の道には、JRTにだらしなく引きずられてる小学生やら、交差点の真ん中でコーギーのリードをビロ~ンと伸ばして立ち尽くしてる小学生やらが徘徊してたでしゅ(汗)。

どうやら、冬休みになって、普段ワンコの世話をしてない子供たちが散歩させてるみたいでしゅけど、何だか見ていてハラハラするでしゅねぇ・・・(大汗)。
常日頃から親にワンコの扱いをきちんと教育されてる子なら、たとえ連れているのが超大型犬でも安心して見てられるんでしゅけど、ワンコのことを何も知らない○○親の子供が出鱈目なやり方でふらふら散歩させてるのを見ると、それが超小型犬であっても危なっかしくて仕方ないでしゅよ~(滝汗)。

うちのパパは、おうちにいたワンコが幼稚園の頃亡くなってから、ずっと「ワンコが欲しいよ~」っておねだりしてたそうなんでしゅけど、パパの両親から「ちゃんと自分で責任を持って世話できるようになるまでは駄目」って言われ続けてたそうなんでしゅ。

そして、パパが小学5年生になった時、玩具代わりに子供に犬を買い与えた挙句に飼育放棄した無責任飼い主のところからレスキューされたダルメシアンがおうちにやって来て、それ以来、パパが歴代ワンコのお世話責任者になったんだって~。

毎日のお散歩やグルーミングは当たり前だけど、しっかりお世話をするために、パパはたくさんお勉強もしたそうでしゅよ。

だから、子供にせがまれて何の予備知識も持たずに仔犬を買い与える○○親や、散々欲しがっておいて直ぐに飽きて世話をしなくなる○○ガキは、パパにとっては赦しがたい犯罪的存在なんだそうでしゅ~。

さて、天気予報では夕方から雨が降るって言ってたから、いつもより早めの午後2時半に出かけたでしゅ。
夕方というよりは、午後のお散歩でしゅねぇ。

時間が早かったから、いつものお友達には会えなかったでしゅけど、何とかロングコースをフルにお散歩できてよかったでしゅ~♪(安堵)

だけど、明日の朝は大荒れの天気らしいでしゅねぇ(汗)。
「コッカティル」は無理でしゅかねぇ・・・(泣)。

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://finley.blog108.fc2.com/tb.php/206-ce8a1511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。