FINLEY2.0爆裂日記

アイリッシュ・ウルフハウンドの皮を被った爆裂火星犬FINLEY(フィンリー)の日記でしゅよ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術成功♪

とうとう手術の日が来ちゃったでしゅねぇ・・・(汗)。
観念して大学病院へ行くでしゅよ~(諦)。
大学病院へ向かう車中で

大学病院に着いたでしゅ。
この角度からも、たまたまがかなり大きくなって垂れ下がってるのが分かりましゅねぇ。
陰嚢がかなり肥大してるのがわかります

待合室のボクでしゅ。
背中に哀愁が漂ってましゅねぇ・・・(悲)。
後ろ姿に哀愁漂うフィンリー

主治医の先生に説明を受けたら、パパママとは一旦お別れでしゅ。
パパママの「フィンちゃん頑張れ~!」という声援を受けながら、ボクは手術室へ・・・(緊張)。

ところがボクが大変な目に遭ってるというのに、人間チームはまたもや優雅にお茶してたんだって~!(怒)
人間チームは優雅にお茶♪

何はともあれ手術は順調に終わって、午前11時過ぎにはパパママと面会できたでしゅよ(ほっ)。

心臓と呼吸器に負担がかからないよう麻酔の量を最低限にしてもらったから、意識がボーッとすることもなく、ボクはパパママの顔を見るなりピーピー鼻を鳴らして「おうちへ帰る~!」ってアピールしたんでしゅ(必死)。
だけど、術後しばらくは先生が様子を見てないといけないから、お迎えに来てくれるのは午後9時なんだって・・・(泣)。

そんな訳で、それから10時間ひたすら待ってたボクなんでしゅ(耐)。

午後9時前にパパママが再びやって来た頃には麻酔もすっかり切れて、ボクは元気いっぱいになったでしゅ~♪(復活)
予想以上に元気いっぱいなフィンリー

傷口を舐めたりしないようにエリザベスカラーをいただいて、鎮痛剤と抗生物質を受け取っておうちへ帰ったでしゅよ。

もしも傷口が腫れたり出血したり漿液がボタボタ漏れたりした場合は、大学病院か、かかりつけの先生に相談するようにとのことでしゅ。
それから、お散歩は普通にしてもいいけど、2~3日は爆走禁止だって(残念)。

抜糸は約2週間後。
切除したたまたまの病理検査の結果も、その時報告していただけるそうでしゅ。

仕方ないから、しばらくの間はおとなしくしとくでしゅよ・・・(自重)。

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://finley.blog108.fc2.com/tb.php/1399-538f90f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。