FINLEY2.0爆裂日記

アイリッシュ・ウルフハウンドの皮を被った爆裂火星犬FINLEY(フィンリー)の日記でしゅよ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全身麻酔は回避♪

パパがランちゃん車のキーを取り出したから「お出かけ♪お出かけ♪」って一瞬喜んじゃったボクだけど、よく考えたら今日は大学病院へ行くんだったでしゅねぇ・・・(落胆)。
一体どんな検査をされるのか、不安でしゅよ~(泣)。
不安そうなフィンリー

大学病院に到着して、待合室で名前を呼ばれるのを待ってるところでしゅ。
大学病院の待合室で

今月1日の診察のあとで、また熱が出ちゃったから、念のため今日も血液検査をしてもらったでしゅよ。

前回調べて頂いたアレルギー検査も今日の血液検査の結果も、共に問題なかったそうでしゅ。
全身麻酔をかけてCTやMRI検査をする必要もないってことで、一安心でしゅねぇ(ほっ)。

ただ、先生が連休中に海外の文献を調べてくださったところ、アイリッシュ・ウルフハウンドの鼻炎/気管支肺炎症候群(Rhinitis/Bronchopneumonia Syndrome in Irish Wolfhounds)に関する論文が見つかったんだって。

その論文のコピーを頂いてきたけど、それによると、ベルギー、カナダ、ドイツ、そしてスイスのウルフハウンドの血統の解析結果は、この呼吸器系免疫不全症候群が遺伝性であることを示唆してて、それらのワンコたちに共通の祖先がいることが明らかになったんだって。

ボクの血統書に書いてある内容を信じる限り、3代前までのご先祖様にこの系統のワンコはいないんだけど、症状には免疫不全を思わせる節もありましゅよ。

それにしても、遺伝性疾患を持つワンコを平気で繁殖に使う無知無責任なインチキブリーダーなんて日本の専売特許だろうと思ってたら、欧州やカナダにもいるんでしゅねぇ・・・(困)。

ともあれ、現時点ではボクのゲホゲホぜーぜーの原因がこの呼吸器系免疫不全症候群だとは断定できないし、この病気の具体的な発症メカニズムの究明や治療法の確立にはまだ至っていないそうだから、当面は免疫力のアップを図りつつ、病気と上手に付き合っていくほかなさそうでしゅねぇ。

とりあえず今のところ症状は落ち着いてるから、抗生物質と抗菌剤はもう飲まなくてもよくなったでしゅよ~。

ふ~、疲れたでしゅねぇ・・・(汗)。
全身麻酔に備えて昨夜から絶食絶水してたから、とってもひもじいでしゅ~(飢)。
お疲れ様!

今日も涼しかったから、おうちへ帰って一休みしたあと、「DIEGO BY THE RIVER」へお茶しに行ったでしゅよ♪(楽)
「DIEGO BY THE RIVER」へやって来ました

人間チームは、シュークリームセット(ドリンクつき500円)と・・・、
シュークリームセット(500円)と・・・

いちごのタルトセット(同700円)を注文。
いちごのタルトセット(700円)

とっても疲れたボク(苦爆)にもお相伴くださいでしゅよ~(要求)。
お相伴要求中のフィンリー

最後にやっとお相伴ゲットでしゅ~♪(旨)
お相伴ゲット♪

あとからお店に入ってきたお利口なMIXワンコちゃんやお外を通りかかったチョコラブちゃんとご挨拶したあと・・・、
お店の前でチョコラブちゃんとご挨拶♪

久しぶりに海のロングコースをお散歩したでしゅよ~。
パパと渚をお散歩

雨上がりの江の島は、少し霞んでましゅねぇ。
でも、蒸し暑さはないでしゅよ(涼)。
少し霞んだ江の島

渚に1羽のオバシギくんがいたでしゅ。
渚のオバシギくん

ちょこちょこ走り回りながら、上手に貝を見つけてたでしゅよ。
貝をゲット♪

浜から上がって、「DOG DEPT 鵠沼店」でお買い物したでしゅ。
ボクは新しいレインコートを買ってもらったんでしゅ~♪(嬉)
「DOG DEPT」でお買い物

お店には、時々お散歩で会うフレンドリーなゴールデン・レトリーバーちゃんたちがいたでしゅよ。
今日出会ったワンコたちはみんなお利口さんだったでしゅねぇ♪(喜)
フレンドリーなゴールデン・レトリーバーちゃんたち

お散歩中はお天気が持ってくれたけど、夜のおトイレを済ませてお部屋に入った途端、雨がザーッと降ってきたでしゅよ(驚)。
危機一髪だったでしゅねぇ・・・(汗)。

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://finley.blog108.fc2.com/tb.php/1107-c059f0db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。